USJの魅力2~パークの街並みは「セットファサード」が作っている

セットファサードとは?

バックロットのうち、映画の撮影のため特別に作られた建造物や自然物をセットといいます。

セットは建物などの全体を作る場合もあれば、部分的に作るものもあり、屋外に作るセットもあれば、スタジオ内に作るセットもあります。

セットのうち、建物の全体を作ったものを「バックロット・ムービーセット(Backlot Movieset)」といい、建物正面だけを作ったものを「セットファサード(Set Facade)」といいます。

建物の正面は「ファサード」と呼ばれており、 実際に建物を全体を造らなくともファサードを作って並べれば、映画撮影用の街並みを作る事ができます。

このような、建物の正面だけ造られたセットの事を「セットファサード」と呼んで区別しています。

※たまに、他のWEBサイトや書物の文中に "セットファザード" や "ファザード" という表記を見かけますが、それは誤りです。

USJ内の街並みは、Stage○○と書かれた撮影用スタジオ以外、ほとんどがセットファサードで構成されています。

特にハリウッド・エリア、ニューヨーク・エリア、サンフランシスコ・エリア、そしてミニオンパークも含めほとんどの建物がセットファサードです。

これらのセットは、その建造物の形状を忠実に再現しているのみならず、その質感にも徹底的にこだわっています。

セットの表面はグレージングやグレイニング、マーブリング、エイジングなど、さまざまな塗装技術を駆使して、新しい建物にもかかわらず、あたかも古くからある建物のように仕上げられています。

花崗岩などの岩石類や木の質感、古い道具や手すりなどの垢や錆びにいたるまで丁寧に仕上げられています。また、外から見える部屋やショー・ウインドウ内のプロップ( 小道具)まで、決して手を抜くことなく仕上げているところも見所です。

このように、新しく建てられたセットも、ハリウッド職人の技にかかると、スクリーンで表現したい時代へと一気にワープさせられてしまいます。

CGなどによるディジタル映像技術が全盛の現在でも、これらセット制作の技法は、映画を作る上ではなくてはならない重要な要素です。

あなたも時間があれば、ぜひセットに近づいてじっくりとご覧ください。それらの質感あふれる出来映えにきっと感心されることでしょう。

これらの技を目の当たりにすると、ハリウッドの映画職人さんたちって、職人と呼ぶよりむしろアーティストと呼ばなければなりませんね。実際、彼らは職人(craftsman, workman)と呼ばれる以外に、ムービー・スタジオ・アーティスト(movie studio artist)とも呼ばれています。

映画の世界では、撮影に必要な場所が無ければ、このようにさまざまな技法を駆使して撮影地を作り出してゆきます。細かい所までこだわり、目的の世界(映像)を作り上げるまで一切の妥協を許さない。

それがハリウッド映画なのです!

さあ、あなたもUSJでしか観ることのできない、これらの芸術品、セットファサードをたっぷりと楽しんでみましょう。

USJ開業当初のキャッチフレーズは、「映画の世界に飛び込もう」でした。現在のUSJは映画の世界だけのパークではなくなりましたが、USJ全体が映画セットの技法で作られていることは今も変わりません。

では、映画のセットが作り出す雰囲気に包まれながら、最高の一日を過ごしてください!

あ、そうそう、パーク内で写真を撮られるときに気をつけて欲しいことがあります。

このセットファサードを撮影する時、実は撮るアングルによっては建物に奥行きが無く薄っぺらな造りが丸わかりになってしまうんです。

なので、映画の監督よろしく、レンズを通した構図とフレーミングをしっかりと吟味して撮ってくださいね。USJ内は、ほとんどが映画セットなので魅力的な撮影ポイント、アングルは無数にあります!

USJの街並みを作るセットファサード

では、USJのセットファサードを写真で紹介しましょう。

建物の正面だけだというのが丸わかりのアングル。
ニューヨークエリアにて

上の写真ほどではないけど、正面だけの部分がわかりやすいアングル。 デランシーストリートにて

ちょっとアングルとフレーミングを工夫すると建物の奥行きを感じさせる写真が撮れます♪
パレスシアターよりデランシーストリートを望む

セットの構造を披露しているセットファサード。
カリフォルニア・コンフェクショナリー

セットの構造を披露しているセットファサードの構造を横から見ると...
カリフォルニア・コンフェクショナリーを横から

あえてこれらを見せることによって、映画スタジオたるUSJを感じさせているんですね♪ この技法が生で見られるのはうれしいです。とても勉強になります。

映画ロッキーに出てきたセットファサードのショーウインドウ。
エイドリアインのペットショップ

で、ウインドウの中を見てみると...
ニューヨークエリアにて

とても凝った立体的な作りのセットファサード。
ランド・オブノッド・ビバリーヒルズ

マックス・ファクタービル石壁のマーブル模様はもはや芸術!
ニューヨークエリアにて

4-Dシアターの券売所を覗いてみると...
ニューヨークエリアにて

おもちゃ屋さんのショーウインドウにはこんなかわいいものが♪
ニューヨークエリアにて

ホグズミード村に行ったら動くマンドレイクを見逃さないように
ニューヨークエリアにて

次のページでは、USJで実際に体験できる映画の技法「書き割り」を紹介しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加