USJはどこもがフォト・スポット。
だって、映画のセットだらけだからネェ。
ハッケンブルグ家

今日は、ニューヨーク・エリアのデランシー・ストリートを紹介。
ここは、昔の移民街を再現している。
ちょっと、昔のアメリカ映画を見ると、こんな通りが良く出てくる。

映画、ゴッドファーザーにも
「おー、まるでUSJのデランシーやん!」て思うようなシーンが出てくる。
もちろん、「ジェンコ・インポート」も出てくるけどね。

ここも、なかなか面白い建物が多いんよ。
それに、火災報知器やレトロなイエロー・キャブなんかも
結構、記念写真として人気が高い。


あー、この記事は昨日アップしたかったんだけど、
いかんせん、ブログ管理画面にアクセスできなかったから
今日になっちゃった。

ふぅー、今日は早めにアップ!
では、また!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。