映画の世界に飛び込もう

これが、USJ開園当初のキャッチフレーズ

その通り、当時はどこを歩いても映画のセットを満喫できるセットだった
どこを撮っても映画の一コマ、アメリカの一コマを撮ることができるパークだった

今は、ワールドクラスのエンターテインメントのセレクトショップがコンセプト

そんなUSJでパーク内を映画のセットらしく撮るには工夫が必要になってきた
今は、当時のような純粋なセットを撮ることが難しくなってきている

そう、油断すると何らかのキャラクターが写ってしまう

今日は、そんな現在のパークでも工夫を凝らせば
セットを映画のセットらしく撮れる
そんなアングルにチャレンジしたカットから、ハリウッド・エリアのものをお贈りしよう

まずは信号機

こんなカットも

どうしても、コンセプトを考えると見上げてしまうアングルになるね

これもそうだね

アイレベルではこんな感じかな

このシリーズ、しばらくエリアごとにアップするね

ではまた
Have a nice day!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。