「東北地方太平洋沖地震」義援金プロジェクト

あちらこちらで義援金、救援金の募金活動が行われている
USJでもチケットブースに募金箱が設置されていて募金ができる
今回の地震では、一体何度募金しただろう
今日は、そんな募金活動の中でも
継続して募金ができるサイトをご紹介したい
「東北地方太平洋沖地震」義援金プロジェクト
アフィリエイト・サービスの大手
リンクシェアジャパン殿では、その仕組みを活かして
「東北地方太平洋沖地震」義援金プロジェクト活動をされている
普段の買い物をサイト経由でするだけで募金ができるというもの
以下のバナーをクリックすると詳細が見られます
リンクシェア・ジャパン 東北地方太平洋沖地震 義援金プロジェクト
普段は、ECサイトと呼ばれる広告主の企業から
パートナーサイトへ報酬が払われる仕組みが
アフィリエイトと呼ばれるものなのですが
今回のプロジェクトバナー経由の売り上げは
広告主殿の手数料や本来パートナーサイトへ
支払われる報酬率が、リンクシェア殿や
パートナーサイトへ支払われるのではなく
被災地の支援にそのまま寄付されるというもの
今回、特定の企業およびサイトとの提携ではなく
広く世間の協力を求める形でのプロジェクトとなっており
リンクシェアジャパン殿と提携契約がなくても
バナー掲載はOK
参加企業殿のサイトから買い物をすると
その販売額の内から義援金が勝手に寄付されます
日常のお買いものをする時は
まず、このバナーをクリックしてみてください
あなたの求める商品があれば
そのサイトから購入いただくことによって
被災地の支援につながります
微力ながらこのような形で被災地の支援しようと思い立ちました
皆様、ぜひご協力の程よろしくお願い申し上げます

被災された方々に心からお見舞い申し上げます

かつてない規模、マグニチュード9の東北地方太平洋沖地震。
あまりの事態に驚くとともに、被災地の方々のお力になれればと思い
今日は義援金に関する記事をアップしました。
震災の救援へ向けて、今、できる最良のことは募金だと思います。
義援金によって物資や食料、救援活動などを支援するのが
個人がすぐ行動できて救援の手助けに結びつきます。
取り急ぎ東日本大震災 義援金サイトの情報を掲載します。
それらをまとめたサイトを見つけたので紹介します。

あと、ボクのケータイはauなので、auからも義援金を募金してみました。
auを使っている方から支援できる方法も紹介しておきますね。
KDDI 被災地支援 義援金サイト
「オリジナルケータイ用壁紙」「オリジナルケータイ用待ち受けFLASH」を
auから購入すると。その購入金額が募金できるもの。
募集期間: 3月12日1:00~4月11日12:00 (予定)。
au携帯電話からサイトへのアクセス方法は以下の通り。
・「EZボタン」―「トップメニュー」または「au oneトップ」―「災害用伝言板」―「被災地支援義援金サイト」
他にもたくさんの義援金受付団体が立ち上げられていますが、取り急ぎ上記のものをご紹介しておきます。
被災された方々には心からお見舞い申し上げるとともに、一人でも地震による犠牲者が少なくなるようお祈りしたいと思います。

復旧した...かな?

今のところ症状が収まっている。
なんとかWEBページを表示している様子。
復旧したのかな?
このまま安定することを切に祈っているよ、ホンマに。
今日は、スタジオ・ギフト・ウエストの様子をアップ。
スタジオ・ギフト・ウエスト
ここは年間スタジオパス感謝祭の一環 スペシャルストアを担っている。

Read More

USJそぞろ歩き!が表示されない...

夕べから本館の「USJそぞろ歩き!」が表示されない(ToT)/
いろいろと調べたら、FC2サーバで運営しているサイトは、現在全滅だね。
FC2サーバがダウンしているのか、サーバまでのネットワーク障害なのか?
とにかく、早く復旧して欲しい!!
ドク・ブラウン

頼んまっせほんまに!FC2さん!

BBSもやっちゃいました

さきほどフォトBBSもリニューアルしました。
ちっちゃいサムネイルを大きくして見やすくしました。
あと、構成とカラーも本編のデザインに合わせて
記事の表示幅も広げました。
使い勝手は従来通りです。
皆様の楽しいUSJショットのアップをお待ちしております!

お知らせ

当ブログでは、アダルト・サイトやブログのURLを含んだコメント、
ならびにトラックバックは禁止しています。
当該コメントやトラックバックは発見次第、削除させていただきます。

コメントとトラックバックに関して

20050331_01s.jpg

「USJの隠れ家」をご覧いただき、ありがとうございます。
ちょっと今日は、ブログの運営方針をお知らせします。
記事をご覧いただいた上で、当ブログを活用いただくのはまことに嬉しい限りなのですが、記事と関係の無いコメントやトラックバック、および記事へのリンクが記載されていない一方的なトラックバックは、発見次第削除させていただきますね。
これって、一般的なマナーですので、何卒ご賢察の程お願いします。

Read More