USJの魅力 - 書き割り

映画の撮影をする上で、邪魔な周囲の景色を隠蔽して、現実には存在しない別の空間を与えるため、または映画の映像や舞台などで観客の奥行きや距離感に錯覚を与えるために用いられる技法が「書き割り」です。

単に絵が描かれた板を使用するだけの場合もあれば、絵と実際のプロップを併用して空間を演出する場合もあります。

もともとこの手法、かのアルフレッド・ヒッチコック監督が編み出した手法なのです。その後、書き割りはハリウッド映画のみならず、世界の様々な映画やTVなどでも活用されました。

でも実は、「書き割り」って、良い意味で取り上げられたり、話題にされたりすることはなかなかありません。薄っぺらな、書き割りのようだ...」とか「書き割りのような遠近感(立体感)のない...」とか表現されることが多く、どうも一般の方の間では、単にキャンバスに絵がかかれただけの、急場しのぎの物のように思われているようです。
まあ、実際にそのような書き割りが多いのも事実ですが...

しかし、ハリウッドの書き割りは違います!

百聞は一見にしかず!一度、あなたの目でご確認ください。
立体感、遠近感、質感にあふれており、一見、平坦なキャンバスに描かれた絵とは思えない仕上がり具合に目を見張ります。

USJでは、エントランスを入って、真っ直ぐ歩いていった突き当たり(57丁目)に、ニューヨークの摩天楼を描いた巨大な書き割りがあります。
その大きさや精巧さは半端じゃないですよ。

「どや、ハリウッド職人が作った書き割りは!」
「ちょっと、そのへんの書き割りとは一味違うやろ!」

とでも言いたげに、そびえ立っています。
で、後ろに回りこむと、フレームで組み立てられている構造がよくわかります。
ここで、またひとつ実物の映画セットの手法を学ぶことができます。
ぜひ、これらを背景に記念写真を撮ってみてくださいね。
その写真には、あたかも本物の摩天楼があるかのごとく写っていることでしょう。
出来上がりは、とても書き割りがバックとは思えないですよぉ!


遠くから観ると書き割りとは思えません


近づいてみても立体感があります


グッゲンハイム博物館の入り口です


セットのライオン像に負けない立体感


背後から見るとよく構造がわかります


リアルな図書館入り口はこんな構造

<< セットファサードへ戻る BGMへ進む >>


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの魅力
USJの魅力バックロットセットファサード│書き割り│BGM
スペシャル・エフェクト・マット・ショットハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム
標識や看板道路に目を向けてみるとこんなところにまでこだわっています
USJで出会えるクルマたち番外編→ウラUSJHOMEへ戻る

USJへのツアー


スポンサード リンク

USJ最新情報!

USJを知る

USJを思いっきり楽しもう!

USJを楽しむコツ

さあUSJへ行こう!

自宅で楽しむUSJ

リンク

とっても気になる

お問い合わせ