USJの魅力 - USJで出会えるクルマたち

USJの魅力をテーマに、さまざまな演出やハリウッドの妙技を紹介してきました。

建物を忠実に再現したセットや、書き割り、美しい植栽、そして人間の心理を巧みに利用した演出までありましたね。でも、USJの魅力のうち、まだ重要なものを紹介していません。

それは、パーク内で見かけるクルマたちです。

USJをそぞろ歩いていると、クルマがやたらと目に留まります。映画に関係のあるクルマが展示してあったり、エリアの雰囲気にふさわしいクルマが駐車されていたり、パーク内を走っていたりしています。これは、映画好きはもちろん、クルマ好きの方にとってもたまらない魅力でしょう。

では、パークで出会えるクルマたちを、エリアごとに紹介しましょう。

まず、ハリウッド・エリアでは、メルズ・ドライブ・インを取り囲むように「アメリカン・グラフィティ」に登場したアメ車(当たり前ですね)が勢ぞろいして駐車してあります。
ハリソン・フォードやロン・ハワード、リチャード・ドレイファスなどが乗っていたクルマが映画の中に出ていた状態のまま止まっていて、

「ひょっとして、彼らがメルズでバーガーを片手に談笑しているかも...」

なんて思ってしまいます。 まさに映画のワン・シーンそのものです。

面白いのは、4Dシアター横にあるランドシャークです。こやつ、イカツイ風貌しています。
これは、御堂筋パレード2000に登場したクルマ(?)で、ラジオ放送のスタジオ機能や、炎や煙を吹く装備を実装しているらしい。うーん、じっと見ていると、今にも襲ってきそうです。
(注: ランドシャークはいたりいなかったりします。いないときは営業に出ているのかな?)

ニューヨーク・エリアでは、古い年式のイエロー・キャブ(タクシー)や、「ターミネーター3」に登場したトヨタ・ソアラ(映画に登場したのはアメリカ仕様で、レクサスSC430の色違いです)などが見られます。他のトヨタ車などもあり、アメリカのナンバー・プレートをつけて駐車してあります。北米では、結構日本車の人気が高く、こういう演出もパークの風景に変化をつけると言う意味でアリということでしょうね。(ちょっと無理があるかな)
(注:トヨタ車は最新の車種を入れ替えながら展示する関係上、常に本ページ文中の車が展示されているとは限りません。)

サフランシスコ・エリアでは、うーん、ぱっと見たところクルマじゃなく船ばかり...
でも、ご安心を。このエリアにふさわしい車がちゃんとあります。
っていうか、USJにある乗用車の中では一番高くて有名じゃないかなぁ...アレ...

「へっ??アレって何?」
ハイ、ヒントはバック・トゥ・ザ・フューチャーです。

もうお分かりですね、そう、映画に登場したデロリアンのタイムマシン仕様です。
アトラクション、バック・トゥ・ザ・フューチャー・ザ・ライドの入り口あたりに、シリーズの2番目「バック・トゥ・ザ・フューチャーII」で登場したモデルが展示してあります。
このデロリアンは、USJ展示用として、撮影に使用されたクルマを再現したものです。

たまにドク・ブラウンが運転して走行していることもあります。
(※ドク・インストール: サプライズ系のアトモスで、ドク・ブラウンやデロリアンと楽しいひと時が過ごせます。インパした日に出会えればラッキーです、ぜひドクと一緒に写真を撮りましょう!)
また、このデロリアン、見かけないときもあります。きっと別の時代へ旅立っているのでしょう(笑)。

デロリアンはDMC(DeLorean Motor Cars)によって8500台だけ製造されました。
ボディ・パネルがステンレスでできているので、塗装やワックスがけが不要な珍しいクルマです。
余談ですが、私は実車のデロリアンが走っている姿を見かけたことが門真市で(ローカルやなぁ)一回だけあります。もちろん、タイムマシンの装備なんかはなくノーマルでした(笑)。

このクルマは、映画に登場したまんまの姿をしているので、ひときわ人気がありますね。
デロリアン前も、人気の高い記念写真のスポットのひとつです。

さて、橋を渡ってジュラシック・パークへ入ると、そこにもクルマが...
おやおや、恐竜に襲われたようです。牙が刺さっていて、破壊されています。
さらに進むと、ウェザリングが施された4WDが止まっています。
映画と同じく、恐竜を調査しに行ったのか、インジェン社の乗組員はいません。
さらに奥にもう1台あります、映画の中でも一番記憶に残る、ジュラシック・パークのロゴ入りフォードが止めてあります。これらのクルマがイスラ・ヌブラの雰囲気を盛り上げています。
ぜひ、クルマをバックに記念写真を撮りましょう。

あ、そうそう、ウォーターワールドとスヌーピー・スタジオ、ランド・オブ・オズにはクルマはありません。

ということで、いざ、アミティ・ヴィレッジへ。
ここには、映画の中で、ロイ・シャイダーが乗っていた4WDがランディング・レストラン前に止まっています。やっぱりアメリカのトラックは大きいです、キャビンが広々としています。
海が舞台の映画だったこともあってか、この車の前で記念写真を撮る方は少ないです。
これも映画に登場したセットなので、よければ撮ってくださいね。

かつてあった、ウエスタン・エリア。
ここには自動車はありませんでした、が、面白い4輪車や貨車の宝庫となっていました。

エリアごとにムードを盛り上げてくれるクルマたち。
これら以外にも、ショーとともに突然現れる車や、以前パレードなどで活躍したクルマ等も載せますので楽しんでくださいね。


フォード・サンダーバード
1956 Ford Thunderbird


マーキュリー・クーペ
1951 Mercury Coupe


シボレー・ワン・フィフティ
1955 Chevrolet 150


B型フォード・クーペ
1932 Ford B Coupe


シボレー・インパラ・スポーツ・クーペ
1958 Chevrolet Impara Sport Coupe


フォード・エドセル
1958 Ford Edsel


ブルース・ブラザーズのダッヂ・モナコ
1974 Dodge Monaco Sedan


レトロなイエロー・キャブ
クライスラー1938年モデル


ご存知デロリアン。パートII仕様です
1981 DeLorean DMC12


デロリアンのコックピット


ジュラシックパークといえばこのクルマ
1993 Ford Explorer


インジェン社は恐竜の捕獲中...
ベース車はJeep CJ7かな

<< こんなところにまでこだわっていますへ戻る 番外編→ウラUSJへ進む >>


ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの魅力
USJの魅力バックロットセットファサード書き割りBGM
スペシャル・エフェクト・マット・ショットハリウッド・ウォーク・オブ・フェイム
標識や看板道路に目を向けてみるとこんなところにまでこだわっています
USJで出会えるクルマたち│番外編→ウラUSJHOMEへ戻る

USJへのツアー


スポンサード リンク

USJ最新情報!

USJを知る

USJを思いっきり楽しもう!

USJを楽しむコツ

さあUSJへ行こう!

自宅で楽しむUSJ

リンク

とっても気になる

お問い合わせ