ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™

小高い木々が生い茂る小道を歩いて行くとふと聞こえてくるカエルの声...

さらに奥へ進むとTHIS WAYのサイン...
異世界へ行くにはそのサインが示す方向へ歩いて行けばいい...

あなたはこのように徐々に人間界から魔法界へ入っていく感覚をまず体験します。

歩を進める程に、あなたのワクワク感は高揚し、間もなく姿を現す世界への期待は最高潮に!

エントランス・アーチが見えたら、そこから先は...

そう魔法界、ホグズミード村™なのです!

2014年7月15日、USJに物語ハリー・ポッター™の世界を、圧倒的なスケールと徹底した細部へのこだわりで再現したエリア、 ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™(Wizarding World of Harry Potter™)」が誕生しました!

ユニバーサル・ワンダーランドとJAWSでおなじみのハンギング・シャークの間にあるストーン・ゲートウェイがウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™への入口。

ゲートウェイを通過し、小道を進みながら、その先に待っているであろう魔法界に想いを馳せる...

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™はユニバーサル・オーランド・リゾートにもあるのですが、 マグルが小道を歩きながら魔法界へ入って行ける感覚を体験できる演出はユニバーサル・スタジオ・ジャパン®だけのオリジナルなのです。

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™の注目ポイント

では、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™の注目ポイントを少しお伝えしましょう。

まず、敷地面積は東京ドームのグラウンド3個分という広大な面積、そこに、ホグズミード村™があり、その先の険しい岩山にホグワーツ™城が建立されています。

注目すべきは、製作に関わった人物です。

まず、映画「ハリー・ポッター」の世界観を忠実に再現するために、ハリー・ポッターシリーズの美術監督であるスチュアート・クレイグ氏が細部までデザインしている点が挙げられます。

彼はウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™に関する全ての施工段階を厳格に監修しています。何を隠そう、彼はオーランドのプロトタイプも成功させている...てか、映画「ハリー・ポッター」シリーズの美術監督本人が監修しているので、ここはまさに映画で観た世界がそのまま再現されているのです!

クレイグ氏いわく、岩肌の仕上げ、日差しの当たり具合まで見据えた苔の微妙な色合いの使い分けまで、かなり徹底してリアリティにこだわったとか。

ただし、それらは日本のロックワークアーティスト等、職人さんたちの技術あって実現できたクオリティで、彼らの仕事っぷりには大いに感謝しているとのことです。確かにその仕上がりは、本物の岩かと見紛うばかりのリアリティを感じます。

さらに、そんな一流クリエイターの仕事を、最終段階で、より突き詰めて厳しく監修したのが、なんと「ハリー・ポッター」の生みの親、原作者のJ・K・ローリング(ジョアン・キャスリーン・ローリング)さんご本人です!

先行オープンしたオーランドのモデルは、彼女の思い描くハリー・ポッターの世界にどれだけ合致できるかの挑戦でした。

その挑戦後の取り組みでもあり、USJのモデルも彼女の監修を得て、原作者が思い描いた「ハリー・ポッター」の世界へ徹底的にこだわり、ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™は完成しました!

杉が生い茂る小道を抜け、ホグズミード村™のエントランスアーチ前に立った時、きっとあなたは言葉もなく、その光景にしばし見とれてしまいます。

そして、ハリー・ポッターの世界に飛び込んだ事に気づき、魔法界に入り込む楽しさと感動のとりこになることでしょう。

さあ、あなたも人間界を出て、ただただ幸せな魔法の一日を!

ウインター・イン・ザ・ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™

冬こそ、ただただ幸せな、魔法の一日を。

一年で最もエリアの雪景色がしっくりとくる季節がやってきました。ホグズミー村™のクリスマスはとても美しい...

TVCM

ホグワーツ™・マジカル・ナイト~ウインター・マジック~

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™のアトラクション

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™の常設アトラクションは3つあります。

どれをとっても魔法界をたっぷりと楽しめるアトラクションです。

では、ハリー・ポッターのアトラクションを見ていきましょう...

ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™ IN 4K3D

圧倒的なスケールと徹底した細部へのこだわりで再現された荘厳なホグワーツ™城。その存在に心を打たれるマグルは多い。

そして、その中は...それぞれが意志を持った「動く肖像画の廊下」や「ダンブルドア™の校長室」、「グリフィンドール™の談話室」、「闇の魔術に対する防衛術の教室」など、ホグワーツ™魔法魔術学校の世界がそのまま再現されています。

実は、これらハリーの映画で見たそのままの世界が、ハリー・ポッター・アンド・ザ・フォービドゥン・ジャーニー™のキューライン(待ち行列用のレーン)なのです!

そう、 ホグワーツ™魔法魔術学校に一歩踏み入れた瞬間から、既にアトラクションに飛び込んでいるのです。あなたはライドに乗る前からハリー・ポッターのあの世界にどっぷりと浸っている事に気づくでしょう。

いよいよライドへ...

シートへ身を委ねたら、ハーマイオニーの呪文によりかつて体験したことのない魔法の旅がはじまります。

最新技術4Kによるリアルで鮮明な映像の中を、ハリーたちと一緒に魔法界の空を飛びまわる魔法の冒険です!

世界最高といわれるそのライド体験が2015年さらに3Dとなってさらに進化。この旅はあなたにとって、絶対に忘れられない旅になることでしょう。

フライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ™

誇り高き魔法界の生き物であるヒッポグリフ。そのヒッポグリフと空を翔ける、ファミリーで楽しむことができるライドアトラクション、それがフライト・オブ・ザ・ヒッポグリフ。

ハグリッド™からヒッポグリフの正しい近づき方を教えてもらったら、飛行訓練を始めよう。

このライドの醍醐味はハグリッドの小屋やカボチャ畑の上空を含め、美しい城やホグズミード村™を最も高い場所から見下ろせる眺望♪

さあ、あなたもぜひヒッポグリフと共に空を翔ける爽快感を味わいながら、素晴らしい景観を楽しんでみましょう!

ワンド・マジック

ちょっと一振りしてみませんか。魔法の杖を使えるのは魔法界だけです。

ホグズミード™村に来たら、あなたのマジカル・ワンドで魔法をかけまくりましょう!

物を動かしたり、煙突から炎を噴出させたり、甕から水を噴き上げさせたり、雪を降らせたり...

杖の振り方と呪文が記されたブロンズのメダリオンを歩道の埋め込みに見つけたら、呪文を唱えて振り方をならって杖を振ってみましょう!

一度でうまくいかなくても、コツをつかめばきっと見事に魔法をかけられますよ♪

ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター™のストリート・エンターテインメント

ハリー・ポッター™の世界から飛び出したストリート・エンターテインメント。まさに、あの世界が目の前に現れます!

フフロッグ・クワイア

ホグズミード™で素敵な歌声が聞こえたら、ホグワーツ™の各寮旗が掲げられたステージに集まろう!

そこでは、ホグワーツ™魔法魔術学校の生徒たちによる、素晴らしい歌のハーモニーが楽しめます!各寮から選抜した4名のコーラス隊が、魔法界の名曲を次々と披露してくれます。おっと、才能あふれるカエルたちの伴奏も必見ですよ!

トライウィザード・スピリット・ラリー

魔法学校対抗試合のためホグワーツ™魔法魔術学校に来航中の、ダームストラングとボーバトン各校によるパフォーマンス。

ダームストラングの男子生徒による力強くアクロバティックなアクションと、ボーバトンの女子生徒たちの優雅な演技。

あなたも彼ら、彼女らの素晴らしいパフォーマンスにひこまれることでしょう。演技の後は、ぜひ記念写真を!

ワンド・スタディ

一人前の魔法使いになるために、魔法のかけ方を練習しているのはホグワーツ™魔法魔術学校各寮の生徒たち。

練習とはいえ、彼らの使う魔法は凄い...

ぜひみんなで、成功や失敗を繰り返しながら、一生懸命魔法の練習に励む生徒たちを励ましましょう!そうすれば、きっと魔法のとりこになりますよ!

魔法界のレストラン

あのハリー・ポッター™やロン、ハーマイオニーや寮生たちが楽しんだ、魔法界のメニューが楽しめるのはここだけです!

三本の箒™

この外観がなんともアンバランスな不思議な建物は、ホグワーツ™魔法魔術学校の先生や生徒たちもお気に入りの、ホグズミード™村の老舗パブ兼宿屋です。

ハーマイオニーが白い泡のひげを付けたシーンが有名な、名物バタービールや、フィッシュ&チップス、シェパーズパイといったイギリス伝統料理、そして生徒たちが囲んでいた大皿料理、グレート・フィースト™が堪能できます!

ホッグズ・ヘッド・パブ

ホッグズ・ヘッドすなわちイノシシの頭が壁にドドーンといる、「三本の箒™」の隣にある、怪しげなムード漂うパブ。なんと、この頭、生きているんです!

お子様も楽しめる魔法界の飲み物バタービール™から、ホッグズ・ヘッド特別醸造のドラフト・ビールまで幅広くセレクトされていいます。ぜひここで魔法界独特のパブの雰囲気に酔いしれてみましょう!

魔法界のショップ

カエルチョコや、百味ビーンズで有名なハニーデュークスや、あの映画で見た杖に選ばれる体験と共に杖を買うことができるオリバンダーの店など、魔法界の街並みは、ほとんどホグズミード村のお店で埋め尽くされています。

ホグワーツ™特急のフォト・オポチュニティ

ホグワーツ™特急、それは新学期を迎えた生徒が乗る特急列車。ロンドン、キングス・クロス駅の9と3/4番線™からホグワーツ™魔法魔術学校の生徒達を載せてホグズミード駅に向かう汽車。第1作のハリーたちの出会い、そして第3作での吸血鬼のシーンで登場しました。

フォト・オポチュニティでは、第1作のハリー、ロン、ハーマイオニーが出会い、百味ビーンズやカエルチョコ等を味わっていたコンパートメントで写真が撮れます。ホグズミード駅と汽車はオーランドにもあるんですが、コンパートメントで写真が撮れるのはUSJだけなんです!

そして、ここで撮ってもらった写真には魔法が...

あ、コンパートメントのフォト・オポチュニティを終えて、駅で車掌さんの姿を見かけたら、ぜひホグワーツ™特急と一緒に記念写真も撮りましょう!

ゾンコ™の「いたずら専門店」

ホグズミード村に入ってすぐに目に飛び込んでくる奇妙なディスプレイのお店。それが、ゾンコ™の「いたずら専門店」。

ウィーズリー家の双子、ジョージとフレッドも通う、いたずら道具やジョークグッズの専門店は面白いものがいっぱい。盗み聞きできる「伸び耳」など、店内にはユニークないたずらグッズが所狭しと並んでいる。あなたのいたずら心をくすぐるグッズがきっと見つかるかも!

ハニーデュークス™

ハリー、ロン、ハーマイオニーが出会ったあのシーンで有名な、パーティー・ボッツの百味ビーンズ™やカエルチョコレートなどがずらり。ホグワーツ™魔法魔術学校の生徒たちも大好きなお菓子屋さん♪

店内はカラフルな装い♪そこにあるのはユニークなお菓子の数々...あなたも、ぜひ魔法界のお菓子を買って帰りましょう!

オリバンダーの店™

ハリーが杖を求め、彼が杖に選ばれるシーンで有名なオリバンダーの店™。

そこには映画と同様、無数の杖が天井まで高く積み上げられていて、あなたは店内で映画でハリーが体験した、「杖が魔法使いを選ぶ」様子を体験することができます。

自分の杖を買うことはもちろん、ハリー・ポッター™の映画の登場人物の杖など多数の杖を買い求めることができますよ。

ワイズエーカー魔法用品店

魔法魔術学校で欠かせない双眼鏡や虫めがね、コンパスなど、あらゆる魔法機器を手に入れることができるお店。

ローブやネクタイなど、ホグワーツ™魔法魔術学校の生徒として必要なアイテムはここで見つけましょう!

ふくろう便™&ふくろう小屋

たくさんのふくろうがいるふくろう小屋に隣接しているふくろう便™。

ホグズミード™の切手を扱っていて、ここから手紙を出すとホグズミード™の消印で配達してもらえます!店内にもふくろうがいっぱいいてかわいいですよ♪

ダービシュ・アンド・バングズ™

ホグズミード™の魔法用具店、それがダービシュ・アンド・バングズ™。「メラメラメガネ」など楽しい魔法用具がたくさん!

クィディッチ™に必要な用具や、ホグワーツ™魔法魔術学校の制服や小物,「ニンバス2000™」や「ファイアボルト™」のほか、「クアッフル」や「金のスニッチ™」もあります!

グラドラグス魔法ファッション店

クリスマスのダンスパーティでハーマイオニーが着ていたようなドレスをウインドウで見つけたら、そこはグラドラグス魔法ファッション店です。

店内には衣服をはじめ、アクセサリーやジュエリーなどのファッションアイテムがたくさんありますよ!

フィルチの没収品店™

ホグワーツ™魔法魔術学校の管理人、アーガス・フィルチが校則違反の生徒たちから没収したお宝が収蔵されています。

映画の小道具を忠実に再現したアイテムや、4つの寮の紋章入り衣装、文房具などお土産にぴったりなグッズがいっぱい揃っています!

あなたも、ただただ幸せな、魔法の一日を、この特別な場所で...

  • このエントリーをはてなブックマークに追加