post

名探偵コナン 赤井修一の愛車を激写してみた! 

ユニバーサル・クールジャパン2020

今、USJでは名探偵コナンの世界観をたっぷり味わえるんよね。

名探偵コナン・ザ・エスケープ、名探偵コナン・ミステリー・レストラン、名探偵コナン・ミステリー・チャレンジ。

ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドまでも名探偵コナンの世界観に没入できる!

そして、今年の名探偵コナンワールドは、なんと赤井秀一のリアルな愛車が展示されているんよ!

「これは写真撮りに行かなきゃ!」

そう、クルマ好きのボクは、実車の展示に真っ先に食いついてしまった。

て、ことで、いざ赤井秀一の愛車に会いに行く。

ステージ18前に近づくと...

キタ――(゚∀゚)――!!

名探偵コナン 赤井修一の愛車 01

フォード・マスタング...

2本のセンター・ストライプって...

シェルビーGT500やぁ!!!

これはたまらない!

早速撮影を。とりあえず、サクッとカメラを構えてアイレベルで一枚。

名探偵コナン 赤井修一の愛車 02

クルマの周囲には、写真を撮っているゲストが結構いた。

カメラの接眼ファインダーを覗いて撮っているゲストは、ごく自然体のアイレベル(立ったまま撮影するカメラの高さ)で撮っていて、スマホやデジカメ、ミラーレスカメラで撮っているゲストは、胸の高さで少しだけ、ローアングル撮影している。

こんな風にハイアングルか、ローアングルか撮影する機材によって変わるのが面白い。

等と思いながら、このカッコイイ2007年式シェルビーを眺めているうちに、ボクのカメラマン魂が沸々と湧いてきた(笑)

今年のクールジャパンには、こんな車あったよ。みたいに、上の写真だけ記録的に撮って終わるのはもったいない!

このアメリカン・マッスルカ―、シェルビーを撮りまくりたい!

と、魂が叫びだしたので、まずは標準ズームレンズを使って、様々なアングルからシェルビーのチャームアングルと思えるポイントを探った。

で、いい感じかなと思える一枚がこれ。

名探偵コナン 赤井修一の愛車 03

超広角レンズに替えて迫ってみたら、超広角だと、「いい感じ」かなと思えるアングルは、思いっきりシェルビーに寄れるぶんだけ少し変わるんよね

Read More
post

USJで見つけたシンメトリックなシーン4選

見てわかりやすい写真

それは、左右対称で被写体をドーンと真ん中に据えた写真

今日はそんなシンメトリックな写真を4枚お届けしましょう

まずはユニバーサル・スタジオ・ストア

USSにて

次はニューヨークエリアより

Newyork Newyork

シンメトリックな画は気持ちがいい♪

Read More

USJで超広角8mmを楽しむ~その2

今日は、昨日の続き

そう、8mmの画角を引き続き楽しんでいただこう

ここは、あおって撮るとスタジオのライトが幻想的な感じに撮れる

夕方のサイバーダイン社もいい感じ♪

このΣのレンズはいい味のブルーを吐き出してくれる

Read More

USJで超広角8mmを楽しむ

6月24日が最後のクールジャパン体験となった

この日は夕方から夜撮を楽しみにインパ

テーマは「USJで超広角8mmを楽しむ♪」

まずは、こんなのから

どこかわかるかな?

分かりにくいでしょ

でも、これを見ればわかるね

そうユニバーサル・シティ・ウォーク♪

ここはプチ・プロジェクションマッピングも楽しめるよ!

Read More

USJを映画のテーマパークとして撮ってみた~ハリウッド・エリア

映画の世界に飛び込もう

これが、USJ開園当初のキャッチフレーズ

その通り、当時はどこを歩いても映画のセットを満喫できるセットだった
どこを撮っても映画の一コマ、アメリカの一コマを撮ることができるパークだった

今は、ワールドクラスのエンターテインメントのセレクトショップがコンセプト

そんなUSJでパーク内を映画のセットらしく撮るには工夫が必要になってきた
今は、当時のような純粋なセットを撮ることが難しくなってきている

そう、油断すると何らかのキャラクターが写ってしまう

今日は、そんな現在のパークでも工夫を凝らせば
セットを映画のセットらしく撮れる
そんなアングルにチャレンジしたカットから、ハリウッド・エリアのものをお贈りしよう

Read More

post

カメラアイを養いに...インパしていること多し

写真好きにとって
目で見える世界はどれも被写体

あらゆるものを撮っておきたくなるんよね
特にスナップ好きのボクにはね

いろんなカメラやレンズを持っていると
それぞれの機器で全く違う雰囲気の写真が撮れる

どんな機器を使うとどんな写真が撮れるのか
ファインダーを覗かなくても大体わかる

で、実際にそれを使うと
描いた通りの写真が撮れる

その瞬間が楽しいから
ついついたくさん撮ってしまう

でも、その経験の積み重ねがあるから
どんな写真が撮れるのか予想できるようになる

そんな、予想ができるような目になることが
カメラアイになるってことやと思うんよね

目が、そのレンズの画角になる
望遠ならボケや圧縮効果のある画が
広角ならパースが効いたダイナミックな画が

そんな画を想像しながら
風景を見ているとカメラアイが養われる

ボクの場合、スナップが大好きなので
どこでも写真を撮っている

特に、街撮り
そう、何気ない街の写真もかなり撮る

通勤の風景や
商店街の様子、歓楽街の様子など
それらは他愛のない風景ばかりだけど
その土地でしか見られない味わいのある風景なんよ

で、ご存じの通りUSJでも結構撮っている(笑)

なぜか?

パークではね、非日常的なフォトが撮れるんよ
大阪っぽくない写真がいっぱい撮れるからね
その気にさえなれば、どこかわからない写真だって撮れる(笑)

それと、どんな大げさな機材を構えてスナップを撮っていても
誰も全く気にしていないのがいい♪

これが、街中だと
長玉(望遠レンズのこと)なんぞ構えようなら
何を撮っとんねん...てな感じで不審者扱いやね

ま、ボクはそんな眼には馴れているから
気にしないけどね

でも、そんな、眼で見られることも全くなく
自由気ままに思う存分写真撮影が楽しめるから
パークをぶらりと写真散歩するのがとても楽しい♪

しかも、綺麗な風景にいつも出会える♪

だから、やめられないんよ

USJそぞろ歩きが...(笑)
USJ moppy's

ま、年間パスがあるから
こんな風にまったりとした楽しみ方ができるんやと思う

ぜひ、あなたも
USJを思いっきり、いや、まったりと楽しむために
年間パスを買ってみてはどうかな?

コスパは間違いないよ
ホント

あれ?
カメラアイの話が年パスに変わっちゃったね

ま、ボクが書くブログなんで
ちょくちょくこんなことはあるよね(笑)

ではまた
RE-BOOOOOOOORN!