先日は、あるUSJフレンドの一周忌

そのフレンドに近しい方々がパークフロントホテルで「偲ぶ会」を開いてくれるとの知らせに、参加させてもらった

そのフレンドとはSNSでは繋がっていたんだけど、実はパークでじっくりと話したのは一度だけ

パークでは、お互い違ったつながりのフレンズと楽しんでいたけど、会えば互いににっこりと会釈する仲だった

彼はいつも人懐っこい笑顔で微笑んでくれた

そんな中、昨年、突然の訃報...

あまりに突然の事で全く信じられなかった

思い返せば、パークを一人そぞろ歩いていた頃
パークの雰囲気だけで満足しては写真を楽しんでいた
ずっとそんな風に楽しむのだろうと思っていた

だから、サイトを作った時
「USJそぞろ歩き!」って名付けたんよね

で、いろんなコンテンツをアップしているうちにSNSが流行りだした

もっとも、最初に流行りだしたのはTwitter
USJ公式アカウントも運営されていた頃に今のパークフレンズと交流が始まったんよ

そのフレンズ中の一人が昨年不慮の事故に会って

天国へ旅立った...

友人が無くなる悲しみは深く信じがたい

パークでまた会えるんじゃないかな
と言う思いしかなかった
でも、やっぱり会えないんよね

そして、一年が経ち
彼を偲ぶ会が開かれるという知らせを聞いた

一周忌だけど、かしこまらずに、集った皆で食事を摂りながら彼に纏わる懐かしい話題やパーク仲間同士の近況報告、東西パークの情報交換などなど

彼を通じて集った者同士で交流しましょう
という会とのこと

迷わず参加することにした

急きょ参加できなかった方を除いても
彼に所縁のあるフレンズが三十数名顔を合わせた

よく気の知れた仲間もいれば
ちょくちょくパークでお会いする方もいる
また、初めてお会いする方も...

彼の交流の広さに驚いたと共に
「あー、やっぱりね」という思いも

だって、あれだけ人懐っこかったし
めっちゃめちゃパークを楽しんでたから
たくさんのフレンズができたんやろうねってね

全員で記念写真を撮影した後会場入り
会場はパークフロントホテルのレストラン
「アーカラ」

会は始まった

揺らぐ会話に柔らかな時間が過ぎてゆく
弾む笑顔に楽しい食事

これも、彼の人柄のおかげ
素敵な人たちを結び付けてくれたんやね

彼も、その場で微笑んでいるような
そんなあたたかな空気で満ち足りていた

途中見せてもらったフォトブックは
彼の無邪気な笑顔で埋め尽くされていた

楽しかった~!

そんな彼の声が聞こえてきそうな
笑顔一杯の素敵な写真で溢れていたよ

今回、会話できていない方もいたけど
はっきり言えることは、
皆とても素敵な笑顔で楽しそうだったこと

あらためて、彼の人徳を感じたとても素晴らしい会だった
彼も、みんなと一緒に楽しめたかな

また、あなたのおかげでたくさん友達ができたよ

ありがとう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください