ハリウッド・ドリーム・ザ・ライドに乗ったぞぉ!続き

今日は、昨日の続き。
て、いうことは…ホースシューからですな。

キャノピーの上をかすめて
キャノピー横
MBSのスタジオ横を通ると、そこに馬蹄形のコースがある。
ここが、形の通りホースシューと呼ばれるところ。
これがまた、気持ちぃ~よか~ぁ!

ホースシュー
一旦降下して左ひねり、次に上昇しながらさらに左ひねり。
MBS前の地面やらシティーウォークの看板やら
イーストゲートやら、あれこれとめまぐるしく映像が飛び込んでくる。

て、思っていたら、まただんだん"G"が抜けて再度キャノピー上へ。
ふわふわとした感覚が、ここからこれでもかとばかりに続く。
そう、キャメルバックに突入するんよね。

キャメルバックは文字通り「ふたこぶラクダ」の背中、こぶが2個ある。
ここでは如実に無重力へ向かう感覚が繰り返される。
スーっと、体重が軽くなって、頂上で「ふわっ」と浮く感じ。

キャメルバック
コレが2回。「おーっ!!」「うぅー!」「おぉーっ!」てな感じかな。
「なんやそれ、そんなんで分かるかいな!」って怒らんと
ま、いっぺん乗ってみてくらはい、ホンマこんな感じでんねん。

で、2つ目のこぶの頂上辺りで、ほんの一瞬ブレーキがかかる。
これは、こういう仕様なんだろうか、
それとも、乗っている人数や車速を感知して、その都度制御しているのだろうか。
また同じ減速があるかどうか、次回も気をつけてみよ。

そして、次に向かうは、ほぼ水平に2回廻るダブルへリックス!
ここは、お尻が大きくなるところ。体重が押し付けられて表面積が広がる感じがする。
そう、プラスの縦Gが目一杯お尻に集中するんよね。

ダブルヘリックス
ここは、ラグーンを眺めると言うより、セントラルパークのコンクリート部分が見えただけか。
ま、ふわふわと浮き足立った身体から、確かな"G"を身体に再確認させるリハビリ的なところかな。
そして、ゴールへ向かう。

ゴールへの距離はわずかだけれど、ここからまださらに2回軽くマイナスG体験が!
はたから見ていると、「えぇ~あんなとこで何で叫ぶの?」と思えるくらい軽い。
でも、実際に乗ると、「うん、確かにふわっとするな」と感じる。

で、最後はユニモンの建物へ!
真っ暗な中へ入って閃光を浴びる。
これでゴール。全工程約3分。

音楽聞きながらのコースターって、うん、確かに新感覚。
そして、身体に厳しいGがあまりかからず、
むしろマイナスGが楽しめる、フワフワ感がすごく気持ちいい。

で、結論!!
これ、ドリカムの吉田美和さんが言っていたように
ホント、何回も乗りたくなるライドやね。

ま、5曲選べるから、最低5回は乗らないとね♪
曲によって受ける感覚も違うだろうし。
うん、また乗ろう!

投稿者: USJWalker

趣味は写真、映画鑑賞、モータースポーツ(特にラリー)、そしてUSJをブラブラすること。 ユニバーサル・スタジオ・ジャパン®のファンサイト「USJそぞろ歩き!」を運営。ブログは「USJWalkerの隠れ家」。暢気な自由人。愛機(カメラ)はD500、D300S、GX200、動画はHDR-SR11。愛車はALTEZZA。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください