今日は私達夫婦の結婚記念日
何度目かって?
それはヒミツ(笑)
結婚当初からその日のスケジュールは風任せ
相手任せというより、風任せ
ぼんやりとは決まるものの前に進まない
で、今日も相変わらず風任せな二人がとった決断は
THIS IS IT
「THIS IS IT」を観に行こう!
というもの
USJが日常(爆)だから非日常へ...
決定はしたものの
当日席があるのかな?
などとのんびりしている
ま、コレが我が家の常だ
やおら、劇場探しをネットで行ってみた
近所のシアターで空席があるようだ
早速希望の座席を予約し
いざ、シアターへ!
(まだ観ていないあなた、続きはネタバレなのでご注意を...)


良くみると、この「THIS IS IT」
実はとっくに上映が終了していた映画なんだね
2週間だけの上映だったみたい
ところが運よく上映期間が延長されていた
11月27日まで上映されているとの事
てことで、セーフ!
ホットドッグとポップコーン、ドリンクの3種の神器?を買い求め
席に着く
わくわく...
マイケル・ジャクソンはボクの大好きなアーティスト
アルバム「OFF THE WALL」の頃からリアルに聴いていたからね
また「スリラー」はビートルジュースのホーンテッド・ビートでも
使用されていたから、USJのイベントにも関連あったし
でも、ふと思った
エンターテイナーとしてはリハーサルの模様って
表に出して欲しくないんじゃないかナァ...
ま、公開リハーサルなんてのもあるから、そんな心配要らないか
いやいや、マイケルは完全完璧なものを求めていたから
映画として残るのはいかなるものか...と危惧していた
映画が始まると、関係者のインタビューをはさみながら
リハーサル映像が延々と続く
聴きたかったヒットナンバーが次々と披露される
全てリハーサルの映像だ
決して本番のステージではない
公演は実現しなかったから、それは当然なこと
だからリハーサルの模様があらゆる角度から映し出されている
しかし、ふと気が付くと
時間が経つほど映画にのめり込んでゆく自分がいた
納得が行かないで途中で曲を中断し、
打ち合わせを始めるマイケルや関係者のやり取り
リズムや音の強弱、アクションや振り付けにいたるまで
お互いが納得の行くまで、とことんフィーリングを伝え合う
そこには真剣にすばらしいものを作り上げようという
彼らの熱意と愛情、そして互いの尊敬がひしひしと感じ取れる
しかし、彼らの映像には一切の罵声や大声による議論はない
マイケルは関係者に注文を行った後、こう言う
「怒っているんじゃないよ、愛なんだ」
なんと謙虚な人なんだろう...
公演の関係者とマイケル
彼らが互いにリスペクトしていることがうかがい知れる
マイケルは関係者一同を
「愛している」という
「ファミリーだ」という
関係者はファミリーと呼ばれ感激し
そしてそれを誇りに感じているようだ
音楽を通じて彼が伝えたかったものは
「愛と平和」
このステージで彼は世界に警鐘を鳴らすはずだった
「地球を癒そう」と「地球を元に戻そう」とね
「HEAL THE EARTH」
このメッセージに、涙が出そうになった
映像からしっかりと彼のメッセージは伝わってきた
監督であるケニー・オルテガ、そして関係者に大きな拍手を贈りたい
おっと、これ以上くどくど説明するのも野暮だね
しかし、観て良かった、凄かった
マイケルのステージをたっぷり体感できたし
マイケルのメッセージを受け取ることができたからね
これ、公演が実現していたら
すごいステージになっていただろうナァ
「THIS IS IT」
それは、延々リハーサルが流れるマイケル・ジャクソンのドキュメント
それは、あなたの知らないマイケル・ジャクソンに会える映画
それは、マイケル・ジャクソンの才能と愛に感激する映画
そして
それは、King of Popと呼ばれたマイケルからの偉大なるメッセージ
Michael Jacson I love you too.

2 thoughts on “THIS IS IT を観た

  1. SECRET: 0
    PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
    結婚記念日、おめでとうございます!
    いい1日をおくられましたか?
    パークではお目にかかれませんが、
    いつも素敵で楽しい記事、
    そして写真を見せてもらってます。
    ありがとう!
    男の僕が言っても色気もなんもないけど、
    おめでとうございます。
    そして、いつもありがとう!
    メリー・クリスマス!

  2. SECRET: 0
    PASS: c7e21d0915641aeb6b76cf1558bfcd41
    チャーリー・ブラウンさん
    ご祝福ありがとうございます
    うちのカミさんも喜んでおります!
    やはり、お祝いされると嬉しいです!
    ボクたちもチャーリーブラウンさんの
    素敵なフォトにうっとりするとともに
    飽くなきチャレンジを続けられておられる
    カメラマン魂に元気をもらっています
    こちらこそ、今後ともよろしくお願いします!
    メリー・クリスマス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください