USJの雰囲気を結構盛り上げているのが
古きよき時代のアメ車たち。
メルズ前にはアメリカン・グラフィティに登場したクルマたちが。
デランシー通りにはクライスラーのイエローキャブがいい感じ。
その他、詳しくは「USJそぞろ歩き!」をご覧あれ!
古いアメ車って、USJの中では欠かせないんよね。
まさに、アメ車自体がアトモスフィアを演出している。
で、今日は何が言いたいのか?
アメ車好きに朗報!
(別にアメ車に限らないけど、クルマ好きのあなたも見てね)
この春、アミティにニューフェイスが登場した!
ジャーン!!
シェビー♪
その名も、シボレー・スリフトマスター!


これ1945~1975年まで生産された息の長いモデル。
なかなかいい面構えだネェ。
一気にファンになっちゃった。
でも、なぜハンギング・シャークの横に置くのかなぁ!
フォトスポットがかぶるやん。
と、思ったけれど。
裏を見るとその理由が分かる。
理由についてはインパの上、あなた自身の目ででご確認を。
ということで、今日もUSJの微妙な変化をお伝えしました。
では、また!

2 thoughts on “アメ車フエマシタ♪

  1. SECRET: 0
    PASS: d1d167d1cbaf047b69cdba9077088c4b
    確かに旧式の車は、トラッド感満点で見る者を釘付けにします。
    そうですか・・・ジョーズの横に。
    なんでだろう?やっぱり映画にゆかりのある車なのかな。
    インパしたい~!
    でも、この時期は仕事漬けの毎日なので6月になってからかな(笑)

  2. SECRET: 0
    PASS: c7e21d0915641aeb6b76cf1558bfcd41
    トラッド感...
    んー、私にとっては
    トラッドと言うと、なんか、かちっとしたクルマ
    たとえば、オースティンとかミニとか
    旧来からあるイギリス車のイメージになりますね。
    古いアメ車は、トラッドと言うより
    無骨で、重たくて、頑丈で、大排気量でトルクフルで、おおざっぱでがさつな造りのイメージがあります。
    どちらかと言えば、トラッドと相対する部分が魅力なんです。
    そんな素朴なクルマでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください